彼は律儀な男だった。朝。必ず決まった時間に自宅の扉を勢いよく開けるところから彼の1日は始まる。ランニングウェアに真っ赤な帽子。履いているのはサンダルだというのに、彼が地面を蹴って鳴る音はぽよぽよぽよぽよ…気の抜ける音だが、この音が聞こえてくると今日も変わらない朝が来たと安心する。街のポストを全て覗き回収した手紙を、時には宿の美人受付嬢に渡し、また時にはキツネの仮面を被った謎の少年に渡し、時間通りにま...