不治の病

 12, 2017

それはいつもと変わらない朝のことである。起床したまくらこは、まだ眠気の残るぼーっとした頭でいつも通りにトイレへと向かった。床に置かれていた新しいトイレットペーパーを何とは無しに見つめていた時。そこで事件は起こった。その事件に驚愕したまくらこは一瞬で覚醒し、青ざめ、慌てて病院へ赴いたのだった…! 医師「…………。」 まくらこ「先生…!正直におっしゃってください!」まくらこ「これは…これはやはり病気...