リアルの出来事をエオルゼアで再現したら、~私生活編~

  20, 2015 17:59
第5幕



こちら司令塔本部。コードネームASAHARU、聞こえるか。


君たちがマークしている標的の一人”まくらこ”が、狂った体内時計を調節しようと不可思議な動きを見せているのは知っているな?
先日、奴が強行手段に出るとの情報を得た。
今回このまくらこの監視を、コードネームASAHARUに命ずる!


ASAHARU「ロジャー!!」

いやデカレ○ジャーかよ





まなと

こちらコードネームASAHARU №2、グリダニア担当まなとだ

まなと「司令塔の指示は聞いたな?リムサロミンサ担当№3応答してくれ」


5-1

こちらコードネームASAHARU №3、リムサロミンサ担当ひより

ひより「ターゲットの監視。了解したわ。いつでも動ける」

まなと「さすがだな。現在ターゲットはまだ動きを見せていない。いつも通りエオってる(FF14プレイ中)」

ひより「そもそもターゲットの体内時計調整とは具体的になんなの?」

まなと「それはだな、ターゲット・・・まくらこは最近朝方8時までエオったあと9時に就寝。夕方16時~17時に起床という完全に昼夜逆転した日々を過ごしている。」

ひより「腐ってやがるわね」

まなと「本人もこれはまずいと思っているらしくな。今回は夜寝て朝起きる普通の人間になるべく強行手段に出るようだ」

ひより「その強行手段が一体なんなのか・・・それを調べろということね」

まなと「ある意味エオルゼアで再現するならこうなるんだろうな」

ひより「普通に書いたらただの廃人エオルゼア日記だものね。
※普通に書かなくても廃人日記です。


司令塔「コードネームASAHARU、配置にはついてるか。情報ではそろそろ奴が動くぞ」

まなと「司令塔。問題ない」





5-8.jpg

まなと「ばっちりだ。」

ひより「ばっちりじゃないわ兄さん、机の上で何をカッコつけてるの」

まなと「窓際でいいSS撮れないんだもんグリダニアの宿屋・・・」

ひより「ノート踏んでるわよ。まったくこれだから、まなと兄さんは・・・」









5-27.jpg

ひより「困ったさんね。」

まなと「お前が一番困ったさんだよ。なに兄ちゃんよりかっこよくキメてんの」

まなと「あとお前隠れる気ないだろ、丸見えだぞそのポジション」

ひより「窓がでかすぎるのよリムサの宿屋・・・」




5-2.jpg

???「全くお前たちは・・・成ってないな。」

まなと「!! その声はコードネームASAHARU №1!!!」
ひより「配置に着いたのね!!」




まなと・ひより「シキ兄さ・・・!!!」

5-5.jpg
まな・ひよ「えっ??兄さん何そのサングラs・・・ていうかそれサングラスなの??」

シキ「サングラスとはちょっと違うと思う。」
ひより「それ見えるの?監視任務なのにそんな視界不良でいいの?」
シキ「俺のことはいい、それよりターゲットが動きだしたぞ」
まなと「!!!」

5-12.jpg

ひより「PS4の電源を切ったわ。現在午前11時。」

シキ「(・・・・? ターゲットは女と聞いていたが・・・)」
まなと「いつもより遅いな?さすがに眠くなってるはずだぞ」


5-13.jpg

まなと「お湯を沸かしはじめたな」
ひより「いつものコーヒーってとこかしら?寝る気配は一切ないわ」
シキ「(・・・このナリで幻術士(ヒーラー)なのか)」

5-14.jpg

シキ「湯が沸くまでの間、談笑といったところか」
まなと「すげえ笑ってるな」

5-15.jpg

ひより「相手は全く楽しくなさそうね」
まなと「目も合わせてもらえてないな」
シキ「むしろ病んでないか?」








5-16.jpg








5-17.jpg

まなと「意地でも目を合わせようとしないな」

ひより「かわいそうな人・・・」
シキ「湯が湧いたようだぞ」

5-18.jpg

シキ「随分原始的な入れ物だ」

まなと「つうかこれ酒じゃねえよな」
ひより「持ってきたウィスキーを飲むおっさんに見えるわね。でも安心して。飲んだのはコーヒーよ」

5-19.jpg

ひより「ちょっと待って!奴、寝るどころか洗濯をはじめたわ!!」

まなと「冗談だろ?!いくら久しぶりに天気がいいからって!」
シキ「まさか、まくらこの奴・・・寝ないつもりじゃないだろうな」
まなと「?!」
ひより「なるほど、今はひたすら起きて夜寝れるように調整するつもりね
まなと「強行手段ってそういうことか。でも年齢的にオールはもうキツイって本人言ってたぞ」
シキ「どうやらそうでもないようだ」


5-21.jpg

シキ「お日様パワーで限界突破だ」

まなと「・・・・・・・」
ひより「朝にお日様を浴びると体内時計がリセットされるみたいなアレかしらね」
まなと「眠気のピークを超えてハイになってるんじゃないのか?」
シキ「そうとも言う」
ひより「二人とも見て。」

5-22.jpg
ひより「茶碗洗いまでしようとしてるわ。」

まなと「めっちゃ指差してるな」
シキ「低レベルで行ける、いい感じのキッチンのSSが撮れる場所がなかったんだろうな。完全に他人の家だ」
ひより「そこは触れないであげて。」
シキ「でもさすがに疲れてきているみたいだな」
まなと「なに?早すぎないか?お日様パワーは?」

5-24.jpg

シキ「ほら、魔道士様に癒されようと順番待ちしてるだろう」
ひより「順番待ってるというか・・・・」









5-26.jpg










5-25.jpg

まなと「めっちゃ圧かけてる;;;;;」

ひより「嫌な大人ね・・・」
シキ「現在の時刻は?」
まなと「午後15時。いつもなら起きる時間だ」
ひより「弱ってきてはいるようだけど、このままだと本当に夜まで起きてそうね」
まなと「ところで兄さん。気になっていたんだけど・・・」



5-6.jpg
なんで初期服なん?

シキ「仕方ないだろう。ついさっきエオルゼアに来たんだからな
ひより「まさかリムサロミンサにいるのも・・・」
シキ「レベル9で開始都市から出られないからだ。」
まなと「ダサッッ」

5-7.jpg

シキ「このサングラス(?)も最初のクエスト受けまくってギル貯めて買ったんだ。2800ギルだった」

まなと「長男とは思えない扱いだな」

ひより「シキ兄さん、後ろの雪だるまとのコラボやめて。」


まなと「あっ!おいターゲットの様子がおかしい!」
シキ「ターゲットは大体いつも様子がおかしいぞ」
まなと「そっ・・・うだけど、なんかもっと変!」

5-28.jpg

ひより「本当だわ。なんかフラフラしてる」

シキ「まるで今にも吐きそうだな」
まなと「おいおいオールして吐き気ってあかんやつじゃねえか・・・って




5-37.jpg

あーー!!!

まなと「吐いてる!川に吐いてる!!」
シキ「落ち着けまなと!吐いてない!咄嗟に頭を冷やしてるだけだ!」
まなと「・・・!そうか、吐き気を誤魔化すために・・・」

5-38.jpg

ひより「でも場所がまずいわね。」

シキ「このままだと通報されるぞ」
まなと「空気を呼んだのか天気が大雨に・・・」







5-29.jpg

まなと「辛うじて帰ってきたな」
シキ「もう限界なんじゃないのかアレ」
ひより「さすがにもうベッド行くんじゃないかしら」

5-30.jpg

シキ「おいどうした。そっちはお前のベッドじゃないぞ」

まなと「おいおいまさか・・・」


5-31.jpg

あかーーーん!!!!

ひより「頭かかえてる!!まずいわ!このままじゃ・・・!!」
まなと「エレゼン♂起きろー!!!!!」






5-32.jpg



5-33.jpg



5-34.jpg


















































5-39.jpg

みんなも体調管理には気をつけようね!!

※ちゃんと夜まで起きて、0時前に就寝しました。





↓↓1ぽちっと・・・!!↓↓
  にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?