2016年一発目!宝塚観劇にいってきた!

  15, 2016 18:56
第21幕




ボンジュー!😉


まくらこです!
見逃してしまったイッテQの大島親方とゆいPの相撲が
昨日の総集編で見られてHappyなまくらこです!!


さあさあ本日も元気にいきますよ!!




宝塚観劇に行ってきた!!




K-1
宝塚大劇場の正門!本拠地!!通称”ムラ”

2016年トップバッターを担うはご贔屓の宙組でした!

今回の演目は!!


シェイクスピア〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜
HOT EYES!

の2幕!!
1幕がお芝居で、2幕がショーの宝塚初心者にはオススメの構成です!

シェイクスピアの舞台は、ロミジュリとかハムレットとかマクベスとか超有名なものが多いですが!
この公演ではシェイクスピア本人の物語となっておりました〜



K-2
劇場内の様子!階段の踊り場でタカラジェンヌが鏡開きしたりするので「ここにご贔屓が!!ご贔屓が立ってたの!!!」と興奮しながら足踏みします。テストに出ます。

席は前から8列目

近すぎてどんな顔したらいいか分からない席です。
最前列ど真ん中は神席と呼ばれ、ジェンヌ達にガン見でウィンクを雨のように浴びせられるので恐らく死にます。

ちなみにまくらこは右側の端の方の席だったので舞台脇からせり上がりで登場するスター達が目の前で見れたり、注目している若手のジェンヌを眺めたりできるのでファンにはたまりません。


オペラグラスの調節したりそわそわそわしてたらあっという間に開演!!!!


さあ誰から登場するかな??!!!!



えっ??!!





待って!!!!











ほぼ全員出てきた









まっ!まって!
ああああっ!!あかん!!!!!!
ご贔屓まみれや!!!!!
目が!目がおっつかない!!!!!!!!!

ちょっ!!!

目ください!!!!!





K-19

これくらい下さい



1幕のみのお芝居というだけあって場面展開が早く、まあ盆がまわるまわる。
劇中劇もたくさんあり、役者側の視点、観客の視点、そしてシェイクスピア本人の視点が全て綺麗に交わっていました!
演出の先生などはまだ詳しくないんですが、
このシェイクスピアは生田先生が演出されていました!
生田先生…。




好きです。





あっという間の1時間!!
シリアス展開に向かうのかと思えば最後はコメディ調で終始笑いっぱなしでした!





幕間


まくあいです。
まくあい。

30分の休憩を挟み、挑みますは
まくらこ初!!



K-4
開演前に幕が上がって現れたのは…!ここはシャッターチャンスです

本公演でのショー!!


実は今まで観劇してきた公演のほとんどが2幕構成のお芝居だったので
ショーは全国ツアーで北海道で観た1回だけだったのです!

本公演でのショーは組子全員揃っている!!

私は今!!!!!


死ぬ覚悟でここにいる!!



HOT EYES!!は熱い瞳…!
現宙組トップスター!
朝夏まなと様の大きな瞳…!熱い視線!目力!!!にちなんでいます!


朝夏まなと様、通称まあ様!!


あれれーー??
おじちゃんあれれーー???
まくらこの自キャラのまなとってあれれーー????


そうです。



まあ様からきてます!!


漢字も朝春まなとです。アウト。
もっというと、最初の自キャラひよりは当初まんま朝夏ひよりでした。ごめんなさい。


それはさておき、2幕の開演はなんかすごいナチュラルに突然始まります!
アナウンスとかない!
照明が落ちてなんかふわっと始まる!!!


心の準備させて!!!





現れる宙組の組子たち…!スター!!トップまあ様!!!!






おいおい





おいおいおい







おいおいおいおいおい









最初からクライマックス






ちょっ!!!追いつかない!!!

心が追いつかない!!!!!


体も追いついてない!!!!



ああああああああ


客席降りいいいいいいい











K-5

え?あれ?









K-6

横にも?後ろにも?










K-7

あれ…?








K-8

囲まれてるー!!!!!!!


包囲網!!!包囲網だよ!!!!
助けて!!!!

ヒィッ!!指差しウィンク!!


やばい!!前方のヅカファンがやられた!!
うわっ!!!どっ!!!ひっ!!!!!!





K-8

もうやめてー!!!!



ウィンクと指差しでここ一帯焼け野原!!!!!!
死んでる!!!同志が!!次々と!!!!
わああああああ娘役さんと目が合ったああああああああああああ








img_0.jpeg

兵どもが夢の跡




とんでもねえ。

オラおっそろしくてなあ


でもなあ

ウィンク欲しくてなあ…



欲しがりすぎてもらえなかった
※キョロキョロしてた。



K-9

HOT EYESというだけあって指差しウィンクの嵐でした


殺しに来てる。殺しに来てるよ彼ら…彼女…彼…え?全員女性…??(定期)




その日は別の席でもう一度観劇!
しかしこれは2回じゃ足りません…

全公演観たい




ヅカファンてお金かかるわあ〜〜(満面の笑み)


ちなみに、1回目の観劇のあとトイレへ。
興奮冷めやらぬでフンスフンスしながらトイレ入ってふと手を見たら



K-10

小さな傷がいっぱいある


え?…な……?
血でとるがな…
なにそれ…




開眼せし私の手拍子の破壊力




というわけでその日は眠っていた女性ホルモンがびゃんびゃん出て、頭皮がくすぐったく感じるぐらい活性化し、血液の循環が良くなり肌がツヤツヤ髪サラサラ極め付けは上半身筋肉痛になりました!!
座ってただけなのに?😊

観劇って!!幸せ!!!!!




しかし今回!
観劇以外にもあるイベントがあったのです!!!

それは…



扮装



そう!大劇場内に、宝塚メイクをして衣装を着て写真を撮れる場所があるのです!
衣装は、ベルばらからロミジュリ、エリザベートなど種類が豊富で娘役、男役あります!


一回はやってみたい!!!


題して!!


まくらこ!トート閣下になる!



はい、もう尺ないからサクサクいくよー。



K-11

みりおトート閣下メイク
※説明しよう!みりおトート閣下メイクとは!舞台エリザベートで花組トップスター明日海りお様(愛称みりお)が演じたトート閣下は超美麗で若々しく俺様で素敵なのだよ!!


キリッとした眉!青を基調にしたアイシャドウ!!
黄泉の帝王らしく血の気があまりないメイク!!


トート閣下の衣装はふたつ!
片腕が羽根のTHE黄泉の帝王スタイル!!
すっきりとしたロングコートの劇中盤あたりのセクスィースタイル!!

まくらこはトート(羽根付き)にしました。




メイクを終え、衣装を着ていざ撮影へ!!
きゃー!トート閣下だー!!!!


ポージングに手厳しいスタッフさん方。


スタッフ「はい右足少し後ろにー」
まくらこ「は、はい」
スタッフ「はい行き過ぎー戻してー」
まくらこ「す、すいません」
スタッフ「戻し過ぎーここ!ここらへん!」
まくらこ「す、すいません」
スタッフ「小道具しっかり持って!」
まくらこ「は、はい」
スタッフ「右腕もう少し広げて!」
まくらこ「は、はい」
スタッフ「脇しめて!!」
まくらこ「は、はい」
スタッフ「右腕おろして!!」
まくらこ「す、すいません(困惑)」


おろおろするトート閣下


そうこうしている間、左腕につけた羽根が超重い!!!!!



K-12

ひ…左腕が…!


スタッフ「はい左腕頑張って上げてね!」
まくらこ「うう…」
スタッフ「はい撮ります!ここのお花睨んでー」




K-13

スタッフ「あ、かっこいい」




K-14

照☺️


スタッフ「はい左腕下がってるよー」


まくらこ「す、すいません」

スタッフ「もうちょっと顔右かな」
まくらこ「は、はい」
スタッフ「ほらまた行き過ぎたー戻してー」
まくらこ「す、すいません…」
スタッフ「あご引いてー」
まくらこ「は、はい」

別のスタッフがカツラを直したり衣装を調節したりしてくれるんですが
あのっ!!!お姉さん!!!!!




K-15

もう…っ左腕が…!!!!!


スタッフ「足伸ばしてーー」
まくらこ「の、伸ばしてます(膝裏痛いくらい)」
スタッフ「足の角度もうちょっと…」
スタッフ2「うん…もうちょいこっちかな…」
スタッフ「髪が…」
スタッフ2「膝曲がってるように見えるな…」
スタッフ「いややっぱり…」



K-15

ええからはよ撮って?!!





重心を前に倒し、腰曲がってるよねこれってくらい上半身を前に
しかし背筋は伸ばし、顎はこれ埋まってない?てくらい引く
そして肘を張り脇をしめ、かつ腕は開く



自分のイメージ的には



K-16

こんなぐちゃぐちゃな状態。



しかし撮ってみると









K-17

こう




朗報です!
扮装すると体幹が鍛えられますよ😉


撮ってる最中はすごく楽しいんですが
出来上がった写真を観て我に返る。

これが…!扮装…!!!


気になった方是非お友達とやってみてね!😉









余談ですが宝塚メイクの後に普段のお化粧すると
目をライナーで囲おうとしたり、やたら濃くしそうになるので気をつけてください!







K-18

普段のメイクしてもすっぴんに見える。それが宝塚メイク。





2016年、初観劇でした!!(^_−)−☆




↓↓さあ貴方もレッツ宝塚↓↓
 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?