100%濃縮乙女!!

  09, 2016 20:24
第64幕







ついこの間の眠れない夜のことです。
愛する布団に包まれ枕に顔をヘッドバンギングのごとき激しさでバッフバッフしても睡魔が来ないので、困った私はiPhoneを取り出したんですね。

といっても特に調べることもないので、なんとなく自分の誕生花なんてのを検索してみたのです。
一番最初に出てきた誕生花「アスパラガス」を一回なかったことにして、他のを見てみると、「ハナミズキ」だとか「イワウチワ」だとか可憐なお花が!


ハナミズキは前に見たことあったんですけど、イワウチワって知らないなあと花言葉も調べてみたんです。

イワウチワの花言葉は「春の使者」

だそうです!
あー!うんうん!春の使者ねー!
どうりで!どうりでだよ!
かなり前に登録したまくらこの普段着ギアセット名!










64-1 
春の使いだもんね!( ´ ▽ ` )



ってわけでボンジュー!!生まれた時から春の使者!まくらこです!
今日はリアルではなくエオルゼアで生きる「天使すぎる光の戦士まくらこ」がどうして天使すぎてるのかの所以と今現在どれほどまでに天使すぎてしまってるのかをお話しようかと思います!(^_−)−☆

天使すぎるからって異界送りはしないでくださいね!









エオルゼアで光の戦士として生きる布団まくらこは、







64-2 
100%濃縮乙女心で出来ている。

突然何を言い出すかと思ったでしょう。
あと画像も大きいでしょう。
それだけ強い乙女心で出来ているのです。


一度捨てキャラとして作られていた初代まくらこ、仮名「Daigorou Oreto'omaeto」はサブキャラに昇格後2代目まくらことして新生。
そしてこれまで以上に、いや、リアルのまくらこ以上に乙女となった。





なぜか。
よく聞いてほしい。聞かなくてもいい。できる範囲で構わない。

リアルまくらこは乙女心を捨てている。

女を捨てているとも言う。
膨大なネットワークの海になんてことを垂れ流しているんだとちょっと心がざわついたが、例えば海の中でうっかりお漏らししても誰も気づかないから問題ないだろう。
プールは危ないと思う。








64-3 
初代まくらこが生まれてまもなくのこと。


ただの捨てキャラであった彼(彼女?)の中に、自我が芽生えつつあった。
そして彼はリアルまくらこの知らないうちに、





64-4 
捨てられた乙女心をひとつひとつ拾いはじめた。

リアルまくらこが歩いてきた人生の道に、少しずつ落とされた乙女心を。







64-5 
拾われた乙女心は、初代まくらこの中へと吸収された。









64-6 
ひとつ、またひとつと吸収するたびに、初代まくらこの姿も変わっていった。

芽生えていた自我に栄養を与えるように乙女心はみるみる吸収され、やがては初代まくらこの肉体、細胞、ミトコンドリアまで乙女心で作り変えられていく。

そして、現時点まで捨てられていた乙女心を全て吸収した時








64-7 
初代まくらこは2代目まくらこへと新生したのだ。



乙女で出来ている2代目まくらこの乙女パワーはあまりに強く、リアルにまで影響を及ぼしている。
ここで、実際にあった話をエオルゼアで再現してみよう。(半分フィクション)











ある日の朝、まくらこは眠たい目をこしこし♡しながらむくり☆と起き上がった。




64-8 
あ、そうだ!オルシュファンにクッキー作ってあげよ♡



朝から乙女心炸裂だなあ!
最近どうも女の子してるぞっ☆

さあ〜てさっそく材料揃えちゃおう!
せっかく買い物するんだったら、調理師ギルドまで行こう〜っと!
あそこには恋バナをよくする友達のよし子ちゃんこと、








64-9 
ヨッシー☆が働いてるからねっ!








64-10 
やっほ〜ヨッシー元気っ?材料買いに来たよ〜!





64-11 
ヨッシー「あっれ〜!まくらこじゃん!元気元気〜!」

まくらこ「えへへ〜蛮神倒してたりでしばらく会えてなかったから来ちゃったよ〜」
ヨッシー「やーん嬉しい〜!なになに?何か作るの?」
まくらこ「うんそう〜!クッキーを作ろうかなあ〜って!」
ヨッシー「やだ〜相変わらず超乙女〜☆必要なの言ってー!揃えるよー!」
まくらこ「助かるぅ〜!んとね〜小麦粉と〜バターと〜卵とメイプルシュガー!」
ヨッシー「りょうか〜い!でも、わざわざうちの店の揃えるなんて力入ってんね〜贈り物?」
まくらこ「えっ…?///ち、ちがうよ〜w」
ヨッシー「…あ〜なるほどぅ〜分かったぞ〜〜」
まくらこ「えー?なにー?///」
ヨッシー「さてはおまえ〜〜最近お熱のクルザスの長身イケメンだなぁ〜!相思相愛ってきいたぞ〜!」




64-12 
やっやめてよう〜!まだそんなんじゃないってばぁ///

ヨッシー「またまたぁ〜照れちゃって!ほんと天使だなあおまえはっ☆」
まくらこ「もうからかわないでっ!はいお金!」
ヨッシー「ふふふ〜そういうことならお金はいいよ!私の奢りっ!」
まくらこ「ええ!だめだよ〜!」
ヨッシー「いいからいいから!」




64-13 
ヨッシー「その代わり、進展あったら詳しく教えてねっ」
まくらこ「んもう///調子いいんだからぁ〜」

ヨッシー「押せ押せまくらこ〜!」
まくらこ「わかったからっ!///じゃあまたね!!」









よ〜し!材料も揃ったし!ささっと作っちゃうぞ☆
まずは下準備から!




64-14 
64-15 
バターと卵は室温に戻しておかないとねっ!
今回はバター多めのさっくりクッキーにしちゃおっ!







64-16 64-18
そのあいだに小麦粉と砂糖を計量して、袋に入れて〜♪

小麦粉はふるいにかけるんだけど、洗い物を増やすのはちょっと面倒だから、このポリ袋に入れたまま口をしばって













64-17 
振る!!!(※画像はイメージです)

ひたすら振る!!!
ふるいにかけた方がサラサラにはなるけど、これでも十分おっけーよね!


さあ〜振ったら、小麦粉はひとまず置いといて
次はバターをクリーム状になるまでよくまぜて、そこに砂糖もいれて







64-19 
かき混ぜる!!!(※画像はイメージです)


そしたら今度は卵を3回にわけて少量ずつ足して再びまぜる!!
もったりしてきたら今度は小麦粉ドーーーン!!
まぜてこねてまとめて1時間冷蔵庫で寝かす!!こねすぎ注意だオラァ!!







64-20 
寝かせたらあとは生地を伸ばしてお好きな型で抜いてね♡

愛をこめてハートいっぱい作ってみたよ〜!
おっきいハートはオルシュファンのだから食べちゃだめっ!

生地の表面に牛乳を指で塗ったら





64-21 
いよいよ焼くよ!!

それぞれのご家庭のオーブンによって火力が変わるので気をつけてね!
火力調整もDPSの仕事の内!なんつって!(^_−)−☆







64-22 
そんなこんなで完成〜!!








64-23 
さっそくオルシュファンに届けようー!

焼きたては柔らかいクッキーもクルザスの寒さで冷めてバターの香り漂うさっくりクッキーに!






64-24 
こんにちはー!オルシュファンいますかー!!





64-25 
うおおうっ?!なんかいつもよりオルシュファンの場所輝いてるね?!

それだけオルシュファンの輝きがすごいんだね!!
普段からこれなんだからフラッシュ軽率にしちゃだめだよ!

でも居て良かった!
うふふ!オルシュファン〜あげたいものがあるんだ〜そっち行くね〜!








64-26 
前より美しくなっている……?

あれ…?妙だな…?
なんかすごく美しくない?
もしかして日に日に美しくなってるの?
オルシュファン?
ん?
よしだ?









64-27 
はいっ!クッキー焼いたの!良かったら食べて♡


甘さは控えめにしておいたよっ!
バターは有塩だからほんのり塩気もあって美味しいよ〜!
執務中の合間にでも食べてねっ(^_−)−☆








64-28 
今あなたの頭上にすっげえメインクエストのマーク出てるけどもったいないから今日は受けないどくよっ!

また来るね!!
ばいば〜い♡










こうして、2代目まくらこの強大な乙女パワーは、リアルまくらこがさも当たり前かのようにオルシュファンにクッキーを作り始めてしまうほどの影響を及ぼしてる。
ただ単純にまくらこがオルシュファンを好きすぎるだけな気がするがきっと気のせいだろう。


やがてこの乙女心が限界まで高まった時、ソウルクリスタルとなる。
そしてそのソウルクリスタルを手に入れたまくらこは、胸がときめくほど乙女の力が強まり、それを操って戦う乙女騎士まくらことなるのはまだ先の話…。





うそだけど。











64-29 
まくらこは今日もどこかで、捨てられた乙女心を拾っている…。







↓↓作ったクッキーは家族と私が美味しくいただきました↓↓

関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

妹ちゃんSen姫  

くっきー!

もう、自撮りと
ふる!かきまぜる!で笑い過ぎてお腹が痛いですwww

あと、くっきー!
すごくおいしそうっ!!

(⌒□⌒*)あーん

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

センちゃん♪

> もう、自撮りと
> ふる!かきまぜる!で笑い過ぎてお腹が痛いですwww
>
> あと、くっきー!
> すごくおいしそうっ!!
>
> (⌒□⌒*)あーん

コメントありがとうございまするー!!
振る!の動きは私も少し「わあ…」ってなりましたw
笑っていただけるのが一番の幸せだあああ!!

クッキーはポリ袋を使うと洗い物も少ないし計量も楽でオススメです!
簡単なのですよっ!
あ〜〜ん♪
あれ?おかしいなディスプレイを越えられない…

Edit | Reply | 

What's new?