暖かい床を用意して待っているぞ…!

  16, 2016 20:05
第77幕






ボンジュー!( ´ ▽ ` )ノ

頭の中ではいつも心配性の私と頑固者の私が喧嘩しているまくらこです!
実は今、なんだか少し体がだるい感じなのですが頭の中で

心配性まくらこ「ねえ…なんか熱があr」
頑固者まくらこ「熱じゃねえし」
心配性まくらこ「昨日窓開けたまま寝たからかぜ」
頑固者まくらこ「風邪じゃねえし」
心配性まくらこ「でも喉が」
頑固者まくらこ「痛くねえし」

ずっとこう( ´ ▽ ` )ノ
風邪はねえ…


認めたら負けなんですよ!!!( ´ ▽ ` )



そんな謎の信念を持ち続けるまくらこ、全開の窓から涼しい風をT.M.Revolutionのように全身に浴びながら相変わらずオルシュファンのムービーを宿屋で漁っております!別に寒くねえし
ああオルシュファン、いつ観ても素敵…!


しかし、ふと彼の言葉で気になったことがある。
今日はその言葉について本気出して考えてみました。






77-1 
オルシュファン…彼は極寒の地クルザスの気候を上手いこと利用して愛する友を暖めようと虎視眈々と狙っている節がある。


会うたび会うたび「今日は一段と冷える」と言う。
おかしい。
光の戦士がクルザスへ来る日は決まって「一段と冷えてる」のはおかしい。
そして必ず「我が私室を暖めてある…」と囁く。
この人…暖かい私室で二人っきりになり冷え切った友の体を人肌で暖めたいに違いない。
暖めるついでにその逞しい筋肉具合をさわさわしてうっとりしたいに違いない。

絶対そうだ。





77-2 
しかもその企みが滲み出てるから光の戦士はいつも警戒するのだ。


滞在中は隙あらば私室に連れ込みたいオルシュファン、逆に立ち去る光の戦士には「暖かい床を用意して待っている」と告げてくる。

「暖かい床」
私が気になったのはこの言葉だ。

きっと彼はいつ友が訪れてもいいようにどこかしらの床を暖めている。
私室に誘うと大体断られるから、客間の方も含めて最低2部屋はきっと暖めている。
暖かい床…。

そもそも暖かい床とはなんだ。
なんとなくの意味は知っているのだが果たしてオルシュファンはそれを言っているのだろうか。
もしかして他の意味があるのではないか。
そう思ったまくらこは、グーグル先生に「暖かい床 意味」と打ち込んだ。
そうするとどうだろう。検索一覧に出てきたのは「床暖システム」。あっうん、確かに暖かい床。
でもそうじゃない。クルザスの前線基地であるドラゴンヘッドに最新システムの床暖房があるとは思えない。

調べ方がまずかったか。
暖かいの意味はそのままなのだからここは「床」が持つ意味を調べてみよう。

そうして出てきたgoo国語辞書にはこう書かれている。



とこ【床】の意味

1.寝るために設けるところ。布団などの寝具を調えた場所。また、その布団など。ねどこ。「ーを延べる」「ーを取る」「病のー」
2.男女の共寝。「ーあしらい」



その他には「苗床」とか「川の底」とか「ぬかみそ」とかの意味合いも含むそうだ。
オルシュファンは別に光の戦士を土に植えて水を撒いたりしながら育てたいわけではないだろうし、川の底に沈めたいわけでもないだろうし、光の戦士のぬか漬けを作りたいわけでもないだろう。
やはり私の思う通り「暖かい床」とは「寝床」のことだろう。

あとちょっと2番の「男女の共寝」的意味も込めてると思う。
絶対そうだ。


じゃあきっと、光の戦士がクルザスを再訪した時こんなことがあってもおかしくない…。

















77-3 
オルシュファン「よく来たな友よ!今日は泊まっていくのだろう?客室を用意しておいたから好きに利用するとイイ!」




77-4 
まなと「うん。ありがとうオルシュファン!」

オルシュファン「私の部屋でもイイのだぞ?」
まなと「それは遠慮しとくよ!部屋に行くにはまだ早いしちょっとFATE回ってくるな!」
オルシュファン「ふふ…精が出るな!暖かい床を用意して帰りを待っているぞ!」
まなと「ありがとう!いってきまーす!」







****************






77-5 
まなと「ふう〜今日はこれくらいにしておこう」


まなと「ちょっと欲張って働きすぎたな…部屋で少し休もう」






77-6 

まなと「この辺のFATEは他の冒険者もたくさんいるから楽でいいんだよな!オルシュファンに部屋に連れ込まれそうになるのがちょっとアレだけど」









77-7 

まなと「ほんともう…この間小脇に抱えられて運ばれそうになった時はさすがに貞操の危機を感じた。あぶなかった。ミコッテ族とエレゼン族だと身長的にこっちが不利だもんな〜。」










77-8 

まなと「そういえば「暖かい床を用意して〜」とか言ってたけどまさかオルシュファン自ら暖めてないよね?布団めくったらオルシュファンとかじゃないよね?それはないか!あっはっは!」










77-9 
オルシュファン「帰ったか!友よ!」





77-10 
まなと「何しとん?」









77-11 
オルシュファン「ふふ…言ったではないか…”暖かい床”を用意していると…」





77-12 
オルシュファン「お前のために私が先にベッドに入って暖めておいたぞ!!!」







77-13 
まなと「????????????」






77-12 
オルシュファン「さあ遠慮なく…!私の体温で暖められたベッドでゆったりと眠るとイイ!!」









77-14 
こうして光の戦士は…オルシュファンに間接的に体を暖められながら眠るのであった…。










↓↓枕からはオルシュファンのイイ香り↓↓

関連記事
スポンサーサイト

Comment 6

角付きの人  

あったけぇ…
あったけぇよ…

Edit | Reply | 
せんひめ!  

わ……私もっ!!!

私もオルシュファンが暖めてくれたお布団に入りたいっ!
入ったらもうでたくないっ!!!!!!

Edit | Reply | 
床のひと  

気になった! 暖かい床は気になった!
私は一緒に寝たい(^-^)

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

せんひめちゃん!!

> 私もオルシュファンが暖めてくれたお布団に入りたいっ!
> 入ったらもうでたくないっ!!!!!!

コメントありがとうですよ!!!
入りたいですよね!!オルシュファンの温もりお布団!!!
入ったら!!!最後!!!!一生お布団で暮らします!!!!!!

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

角付きの人さん!!!!!

> あったけぇ…
> あったけぇよ…

コメント…
ありがとうございます……

あったけえな……
こいつぁもう…出られねえ……

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

床のひとさん…!!!

> 気になった! 暖かい床は気になった!
> 私は一緒に寝たい(^-^)

コメントありがとうございます!!
お名前の「床のひと」を見て、床?!暖かい床うんぬんの前に…あなたが床?!と私の中でひと騒ぎ起きました!
いつもオルシュファンに暖められてるんですか?うらやましい……!!ギリィ

やっぱり一緒に寝たいですよね!毎回断るヒカセンの気が知れません( ´ ▽ ` )
きっとオルシュファンはいつか、ヒカセンのベッドに全裸で潜り込み「おいで…」っていう力技をかますに違いありませんね!
私はそれを待っている。

Edit | Reply | 

What's new?