リアルで美しい表現がまくらこに牙をむいた瞬間。

  30, 2017 21:37
第162幕 
※今日は漁師のお話です!新エリアのSSと漁師クエストの内容がチラッと出てくるよ!



ボンジュー!( ´ ▽ ` )ノ
のんびり14ライフ満喫中!布団まくらこです!

もっとこう、あれもこれもー!と欲張って駆け足で進めるかと思ったのですが、「まずはメインストーリー楽しんでね」という運営さんの配慮のおかげで想像以上にまったりできています( ´ ▽ ` )ノ
次のパッチでこれとこれがくるからそれまではこれを集中してやろう〜と予定を組みやすいので心にゆとりができて安心。
新コンテンツを全て一気に開放されると時間がいくらあっても足りなーい!ってなるのでこの仕様はありがたいですね!


さてそんなのんびりライフの中、今回は




162-2 
漁師がレベル61になったので新アクション「刺突漁」に挑戦!


刺突漁。

別名「獲ったどー」。

4.0で海に潜れるときたらやっぱり漁師が黙ってはいませんよね!
まくらこも早速、銛を振り回し、獲物を捕らえたらシャウトで「獲ったどー!」と叫ぶべくクエスト受注!



162-3 
コウジン族からとてもふんわりした説明を受けていざ実践です!!

関係ないですが水中でのセリフの吹き出しもまた凝ったデザインで素敵ですね( ´ ▽ ` )あわあわ〜




と、獲ったどーをするその前に一つお伝えしたいことがございます。
メインストーリーを進めていき、いざ潜るとなった時にまくらこには一抹の不安がありました。




そうまくらこは





162-24 
カナヅチです。

えー?何言ってるのー?リアルでカナヅチでもゲームは関係ないじゃーん!と思ったそこのアナタ。
お待ちなさい。
カナヅチと言ってもただ泳げないだけじゃありません。

まくらこは水中の映像を見るだけでもダメなのです。
よくテレビでダイビング中の映像が流れたりとか、海でサメに襲われる映画とか、ほんとダメ。

水族館なんて行こうものならえらいこっちゃだぜ。
エイとか、マンタとかのあの裏側が怖い。ほらあの白い部分。怖い。
過去に旅行で沖縄の美ら海水族館行きましたけどずっと友人の背に張り付いて下見て歩いてました( ´ ▽ ` )

とにかく、海のあの底の見えない暗さと、見えないのに何かがいるかもしれない恐怖心。
うまく言えないのですが見れば見るほど背筋がぞわぞわして「あああああ」ってなるのですね!

えー!でもさー!ゲームだよー!大丈夫だってー!って思ったそこのアナタ。
お待ちなさい。



FF14の映像技術を舐めたらあかん。


私は知っている。
空を飛んだ時、まるで実際に肌で感じているように思うほどリアルな空気感。
暖かさまで伝わってくるかのようにゆったりと流れる木漏れ日。
思わず深呼吸したくなる森のマイナスイオンっぷり。
外、雨降ってきたなーと思ったらエオルゼアの音だった時の衝撃。
ヘッドホンをして走り回っている時に横を通った虫系モンスターの羽音に思わずビクッとなるむず痒さ。

後半はどっちかというと音響技術でした。
とにかくこの世界はあまりにもリアルなのだ!!
そんな世界で!潜ったりしたら!まくらこの水中恐怖が!!大変なことになr




162-5 
綺麗すぎて逆に平気でした。

紅玉海は珊瑚がたくさんあって色鮮やかだし、海も透き通っているのでそこまで怖くなかったよ!(・ω<)
これなら安心して刺突漁に集中できそうだね!
それにしたってこの海面から溢れてくる光とか、見上げればうっすら見える空とか、本当にすごい…。


改めてこの景色に見惚れながら、レッツ「獲ったどー!」挑戦です!

漁場をターゲットして、泡が出てきたタイミングを狙って…!



162-8 
突く!!


うおおお!モーションがかっこいい!
よゐ●のイメージしかなかったからなんかすごいかっこよく見える!
いや別に●ゐこがかっこ悪いとかそういうことではなくゴニョゴニョ




162-7 
シャキーンと銛先を変える仕草もかっこいいしスムーズでイイ!

これはなかなか楽しいぞ!!
泡が出てるのは思っていたより長いので、銛を変えている時にぶくぶくしてもピャッと獲れました( ´ ▽ ` )ピャッと。

というわけで記念すべき初めての刺突漁で獲れた最初の獲物はこちらー!!




162-9 
チンアナゴー!!( ´ ▽ ` )ノ

きゃー!チンアナゴ獲れたー!
チンアナゴー!!チンアナゴ獲ったどー!!
チンアナゴー!!!



小学生みたいな盛り上がり方してすみません( ´ ▽ ` )
その後も順調に漁場を回ってひたすら刺突!刺突!




162-10 
ところどころ暗いところがあると少し「うっ」てなるけど紅玉海は安心してまわれそうです。

酔うかな?と心配だった水中のゆがみ表現もデフォルトのままで大丈夫でした!
じーっと見てるとかなりゆらぁゆらぁしているのでダメな人はすぐ酔っちゃいそうですね…!



そんなこんなで、なあんだ水中大丈夫じゃ〜んと調子付いたまくらこ。
せっかくなのでメインストーリーに夢中で探検しそびれていたエリアの潜れる場所へ行ってみることに!



だがこの選択が自分を苦しめる羽目になるのである。



気になっていたエリアに早速テレポ!
フライングマウントに乗り、そのまま水中へと真っ逆さまに飛び込んだ!!



ここは何があるのかなー!!!





162-11 















162-12 
怖い







162-13 
こ、この暗さ!濁り具合!あの見えないところに何かいそうな恐怖心!


入ってすぐ出るのも情けないので頑張って潜ってみるも、潜れば潜るほど背筋がぞわぞわする!!
まくらこの脳内で、海の底から口を開けて泳いでくるサメの映像がフラッシュバックする!


あああああああああああ



ああああああああああああ




162-25 
ああああああああああ








162-14 
まくらこ は にげだした !






162-15 
あかん、何ココまくらこの弱点水中ポイント全部突いてくるやん。

刺突漁なみに突いてくるやん。
まさか漁場へ向かったつもりが私が漁場になるとは思わなかったわ。
いやレベル的にまだ獲ったどーできないけども。

…ってことはいつかはここで銛を突く日が来るかもしれないってこと…?
ここにも漁場あるのかな…。

そ、そんな日が来たら私は漁師やめる。





162-16 
あ、いや待てよ?

水中だと思うから怖いのであって…。
そう感じなければ大丈夫なんじゃないかな?




162-17 
試しに水中のゆがみ表現をオフにしてみよう!

これで海の中にいるっていう実感をなくすことができたら何の問題もない!
よし!





162-18 
ワンモアドボン!!







162-19 




おーーー。





おーーーー。


はいはいはい。



うんうん。
これは全然。
全然ね、


全然








162-20 
全然怖い






162-21 
ゆがみどうのこうの以前にやっぱり元の映像美が凄いし、何よりキャラクターの泳ぎ表現がリアルすぎて拭いきれない水中なう感全然怖い






162-14 
まくらこ は なかったことにした !











162-22 
まあ刺突漁しなくても生きていけるからね!

気にせず釣りでレベリングしてこ!ね!(・ω<)



だがまくらこは分かっている。
いつかは通らなくてはならない道だということを。
ただとりあえず今は深く考えたくない。そんなことを思いながら…。


果たしてまくらこは今後の刺突漁とどう向き合っていくのか!
これを克服した時、カナヅチは治るのか!
ファインディング・●モはギリギリセーフだったのか!

まくらこの紅蓮漁師ライフは…まだ始まったばかり…!!






↓↓紅玉海だけでいいや…↓↓

人気ブログランキング 
にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ

関連記事
スポンサーサイト

Comment 8

B  

そ、そんなにも水中が苦手とは……ご愁傷様です……
私もリアルは完全カナヅチですが、映像だけなら屁でもありません。あ、いや海系パニック映画は苦手でした。海難とか潜水艦とかマジ勘弁。人間は陸に上がった生き物なんだよ! 逆行ダメ! ぜったい!!
しかしその調子ですと、あの通称竜〇城に行くのはかなりの難関なのでは……?
大変、まくらこちゃんが青息吐息になっちゃう!

Edit | Reply | 
角付の人  

3.xの空中は平気だったのに
4.0で初めて水中潜った時、リアルで酔いかけた角付です

歪み表現消せばいいとかそういうレベルじゃなかったですね!
水中が苦手な方がパニック起こすのもうなずけます

美しい映像がかえって罠化するとはなんという孔明の罠…!

Edit | Reply | 
神島真生  

No title

まだクガネに到着していない神島です。
海岸の写真が印象に残っていたので、まさか水中が弱点とは思いませんでした。
ここは、荒療治でまずリアル水中を克服してからゲームの水中に挑戦してみては如何でしょう?

泳げるようになって、ゲームも怖くなくなって、一石二鳥と思います^^

Edit | Reply | 
Yhkino  

本人にしかわからない感覚ってありますね。
今回の話、わたしにはわずかしか理解できませんでした。

わたしは水中恐怖症よりは一般的であろう高所恐怖症ですが
ゲーム内で高いところにいても怖くはないです。
そういう感覚というのは、どこからどこまでと線引きするのは難しく
わからない人には、一般的な感覚でしか理解してもらえなくて
慣れればイケルイケルと、安易に言われるんですけど簡単ではないのです。
他人に理解してもらうのが困難なことですよねぇ。

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

Bさんー!!!

コメントありがとうございます!!(=´∀`)人(´∀`=)

> そ、そんなにも水中が苦手とは……ご愁傷様です……
> 私もリアルは完全カナヅチですが、映像だけなら屁でもありません。あ、いや海系パニック映画は苦手でした。海難とか潜水艦とかマジ勘弁。人間は陸に上がった生き物なんだよ! 逆行ダメ! ぜったい!!
> しかしその調子ですと、あの通称竜〇城に行くのはかなりの難関なのでは……?
> 大変、まくらこちゃんが青息吐息になっちゃう!

自分でもなぜここまで水中が苦手なのか謎です( ´ ▽ ` )
一言「泳げない」と言っても理由は様々ですよね!単純に息継ぎや泳ぎが上手くないからとか、水が怖いからとか!
パニック映画は私も苦手です…。怖いのが基本ダメ!w
人間はね!二足歩行で!大地を強く踏みしめて生きるべきですよね!!( ´ ▽ ` )

竜●城は確かにちょっとぞぞっとしたところもありましたが、何より綺麗だったので大丈夫でした!w
紅玉海は透明度が高いからか平気なのですよね…!
溺れてもきっとオルシュファンが寒中水泳で鍛えた鮮やかな泳ぎで助けてくれるのでオールオッケーです!(・ω<)

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

角付きさん!!

コメントありがとうございます!!(=´∀`)人(´∀`=)

> 3.xの空中は平気だったのに
> 4.0で初めて水中潜った時、リアルで酔いかけた角付です
> 歪み表現消せばいいとかそういうレベルじゃなかったですね!

うわああやっぱりあれは酔いますよねーっ!!その後は大丈夫でしたでしょうかヽ(´o`;
なんだかんだ無事だったまくらこは、さすがに長時間見つめてると目が疲れそうなので採集するときは表現弱めにしています(オフにはしない謎)

> 水中が苦手な方がパニック起こすのもうなずけます
> 美しい映像がかえって罠化するとはなんという孔明の罠…!

いやー美しいって罪ですね!( ´ ▽ ` )広い意味で!
一番怖いあのポイントはしばらく表現オフで深呼吸しながら潜ろうと思いますw

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

神島真生さん〜!!

コメントありがとうございます!!(=´∀`)人(´∀`=)
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません;;;

> まだクガネに到着していない神島です。
> 海岸の写真が印象に残っていたので、まさか水中が弱点とは思いませんでした。

その後、紅蓮はいかがお過ごしでしょうか!( ´ ▽ ` )ノ
…あれですよ…眺めるのは平気ってやつですよ…!海そのものは非常に好きなのです!

> ここは、荒療治でまずリアル水中を克服してからゲームの水中に挑戦してみては如何でしょう?
> 泳げるようになって、ゲームも怖くなくなって、一石二鳥と思います^^

な、なるほど!!リアルのトラウマのせいなのだからいっそ泳げるようになったらゲームも平気!
ついでにダイビングの資格も取ってレッツリアル刺突漁ですね!!
うんうん!!
神島さんって!!結構!!どSですよね?!!d( ´ ▽ ` )bそんなあなたがとても好き!

Edit | Reply | 
布団まくらこ  

Yhkinoさん〜!!

コメントありがとうございます!!(=´∀`)人(´∀`=)
お返事が遅くなってしまいました;;申し訳ありません;;

> 本人にしかわからない感覚ってありますね。
> 今回の話、わたしにはわずかしか理解できませんでした。
> わたしは水中恐怖症よりは一般的であろう高所恐怖症ですが
> ゲーム内で高いところにいても怖くはないです。
> そういう感覚というのは、どこからどこまでと線引きするのは難しく
> わからない人には、一般的な感覚でしか理解してもらえなくて
> 慣れればイケルイケルと、安易に言われるんですけど簡単ではないのです。
> 他人に理解してもらうのが困難なことですよねぇ。

あ〜確かにそうですね…!個人の感覚の問題なのでわからない人には伝わりにくいお話ですね( ´ ▽ ` )
水中といってもプールでも川でも湖でも海でもどこでも怖いのかというとそうでもないので、まくらこ自身もよく理解しておりませんw
高所恐怖症だけど、ゲーム内では怖くないというのはYhkinoさんと同じです!(たまに高い崖から落ちると下腹部が冷えるような感じがしますが…w)
同じ症状の人でも度合いが違ったりするので、うまい例え方がない限り恐怖症系の問題はひたすら孤独の戦いかもしれませんね…w

Edit | Reply | 

What's new?